借り入れ

プロミスの即日融資は何時まで?早朝や夜中でも借りられる?

投稿日:

プロミスは即日融資対応のカードローンとして人気がありますが、即日融資の利用には借り方次第では時間の制限が出てきてしまいます。

何も知らずに「プロミスは即日融資対応だから何時でも借りられる」と思ってしまうと、対応可能時間外でその日のうちには借りられない、翌営業日の借り入れになってしまうといったことも起こり得ます。

プロミスでの即日融資を利用するにあたっては何時までなら対応可能なのか、または何時までに手続きを終えておく必要があるのかを事前にしっかりと見ておき、知ったうえで時間に余裕を持った申し込みを進めるようにすると良いでしょう。

プロミスなら24時間振り込みで借りられる

プロミスの即日融資は何時までかという答えから書いてしまうと、何時といった指定や制限はなく24時間となります。

ただ、借り方によっては24時間とはならず、対応する金融機関宛の振り込みであれば24時間対応が可能です。

対応する金融機関はメガバンクから地方銀行、ネット銀行と幅広く、大体の口座は対応をしているのでプロミスなら何時までといった時間を気にすることなく、「契約後なら」24時間の振り込みによる借り入れが利用できます。

契約後である点には注意が必要

対応する金融機関宛なら何時までといった時間を気にすることなく、24時間の振り込み融資も可能としているのがプロミスの良いところではありますが、24時間の振り込み融資を利用するためには事前に契約を終えている必要があります。

プロミスでの契約はプロミスの営業時間内でしか行えないため、残念ながら24時間とはいきません。

契約可能時間は22時までとなっており、それまでに契約を終えておかないと翌営業日の契約となり、借り入れも翌営業日以降となってしまいます。

申し込み当日にプロミスの即日融資を利用するためには遅くても22時までに契約を終えている必要があるため、即日融資の利用は対応する金融機関宛なら24時間とは言え、22時までには契約手続きを終えなければなりません。

契約をするための審査時間にも注意

加えて気を付けておきたいのが、プロミスの審査回答可能時間です。

プロミスは審査回答が最短30分ととにかく早くなっていますが、24時間いつでも最短30分での審査回答が得られるわけではありません。

プロミスでは審査は平日、土日祝日の9:00~21:00が回答可能時間となっており、時間外での申し込みは翌営業日の扱いとなります。9:00前の申し込みは9:00以降に、21:00以降の申し込みは翌営業日の9:00以降の回答となります。

審査を終えないことには契約はできないので、プロミスの即日融資を申し込み当日に利用をするためには、審査を終えていないのであれば21:00前に申し込みを行い、審査を終えている必要があります。

即日融資のための申し込みは21:00まで

契約後であれば早朝でも夜中でも、対応する金融機関宛なら24時間の振り込みでお金が借りられるのがプロミスのカードローンですが、契約をするための審査回答を得る必要があるため、何時までに手続きを行うかとなれば21:00までの申し込みです。

21:00までに申し込みをすれば最短でその日のうちに審査が終わり、そのまま契約となる可能性はありますが、21:00ギリギリに申込をしてしまうと審査が翌営業日に回される可能性もあるので、なるべくなら時間には余裕をもって申し込みは行うようにしたいものです。

できることなら20:00ぐらいまでには申し込みを行っておき、契約手続きにも余裕をもつようにすれば、プロミスでの当日中の即日融資の利用も可能となるでしょう。

申し込みは予め行っておくのがおすすめ

プロミスに限らずどこでもそうですが、審査は基本的に申し込み順に行われます。21:00前での申し込みが多ければ審査回答は翌営業日にずれ込んでしまう可能性が高くなるので、なるべくなら早めの申し込みがおすすめです。

プロミスでは申し込み後、すぐに契約をしなければならないわけではありません。例えば午前中の空いた時間に申し込みだけしておき、夕方や夜に契約としても構いません。

予め申し込みを済ませておけば審査完了時点で連絡が届くので、契約は後で行うとしても申し込み自体はパソコンやスマートフォンから、前もって行っておくと良いでしょう。

-借り入れ

Copyright© 東京のプロミスで即日融資 , 2021 All Rights Reserved.